ごあいさつ


本当においしい料理には「薫り」 があります。


口の中に「命の息吹」が広がると、
身体の奥底に響き、体内が洗われ、活力がみなぎり、
細胞一つ一つが歓喜するような感覚に包まれます。


食べるは、滋養する。
天然の恵みを善い形(料理)で取り入れることで、
野生の強さ、美しさ、賢さ、気高さを宿すことができる。


その味覚を超えた 「食の根源的な幸福感」 を、

「鯨」という強靭なを土台に「里海里山の恵み」を掛け合わせる、
日本ならでは、世界唯一無二の料理で表現します。



  >> なぜ、鯨なのか (IWC脱退にあたって)
      なぜ、ここまでこだわるのか