(4) 店主独り言(こだわり等)

鯨料理屋ではなく、
鯨をつかった「うまい、くいもん屋」

 

鯨を食べに行こう ─ 。 
どのような連想をされましたでしょうか。 
気持ち悪い、かたい、パサパサ…とにかくまずい。

出されるのは鯨ばかり。 
店も料理も古臭く時代遅れ。
おじさんばかりで何か陰気。 

さまざまなグルメを選べる今、
わざわざ鯨を食べに行く必要があるのだろうか。
しかも外国人に批難されてまで─。

   

疑われるお気持ち、よくよく存じ上げております。 
しかしどうか一度、だまされたとお思い、お越し下さい。 
先ずは、そうした先入観を、すべて完璧に覆してご覧に入れます。 

やりたいことは鯨料理屋ではなく、 
命を食べる悦びに満たされ、
身も心も元気になれる「うまい、くいもんや」です。 

だからこそ "本物の鯨" であり、
様々な里海里山の幸とのかけあわせ、調和。
それが鯨へのこだわりの果てに行きついた答えでした。 

店主 石川 元一


 1) 店名「薫滋囉」の由来

 2) 鯨ぢねん料理とは

 3) なぜ、鯨は日本人にとって特別なのか

 4) 鯨へのこだわり

 5) 鯨だけではなく全てにこだわ

 6) なぜ、そこまでこだわるのか


    
 補足 
    

 ・日本の商業捕鯨再開に当たって

  (平成30年12月 テレビニュース等インタビュー回答内容)

 ・「伝統だからではなく、幸せになるから」
  (
NEUT "TOKYO GOOD FOOD #010" H29.9.28インタビュー