● 店名由来 / こだわり

天然に勝る滋味なし、新鮮に勝る滋味なし。


 
自然を生きた "命の薫り" や、
 里海里山に育まれた "地の薫り" をすれば、
 その精気に
滋養され、心と身体が元気でしくなる。

 鯨はその象徴の一つです
 その鯨を主柱にした "鯨ぢねん料理" で、
 昔ながら本来の「命を食べる悦び」を呼び覚まします。


鯨ぢねん料理とは

 "ぢねん" とは
  
『自然』   野山や川海、そこで生きる命
  『地然』   その土地に育まれた自然の調和
  『滋然』  自然や地然を食べることによる心身の養生 を意味します。

 無農薬の野菜、天然の山菜・野草、魚介類、イノシシやシカ、酒、みそ……
 野趣感や郷土感、手づくりの温もりにあふれる里山里海の恵みを、
 地のもの同士であわせながら
鯨と共に食べ、鯨と掛け合わせる料理です。

 鯨を主役ではなく、時にはむしろ土台にする事でこそ、
 ぢねん(滋味、命のにおい、地の薫り)
が一層深め、
 食の原点=五臓六腑に命が沁みわたる美味しさへと回帰します。



主柱となる鯨へのこだわり
 1) 日本沿岸の海で獲れた鯨のみ
 2) 鯨漁基地 及びその至近市場から直送
 3)
 現地解体職人のみぞ知る希少部位
 4) 無凍結本生の鯨肉
 5) 氷室での氷結温熟成保管(冷蔵庫を用いない)
 6) 完全無添加 (発色剤、保存料、調味液)



そのほか…

   ─ 様々な里海里山の恵み

   ─ 
なぜ、鯨なのか

   ─ 鯨を旗頭に 「食の工業化」 へ反旗を翻す