店名 「薫滋囉」 の由来

「命の"薫り"」を食し「"滋養"の恵み」を「"囉"(もら)う」



 おいしい料理には必ず「薫りの余韻」 があります。
 それは、素材が自然を生きた「命のにおい」であり、
 ふるさとの風や土、水に育まれた「地のにおい」です。

 “命” や “地” が薫る料理を食すると、
 素材の精気が身体の奥底にまで沁み込み、
 魂魄まで滋養されるような幸福感に包まれます。

 そして、どれほど都市生活が進歩しようとも、
 人は海や山に生かされ、自然を生き抜いてきた事、
 大きな循環の一部である感覚を呼び覚ましてくれます。

 快楽や贅沢、空腹を満たすためではない
 どこか粗野だけれども “命をいただいている実感“ が充実した、
 心身が本当に「おいしい、元気になる、ありがたい」と悦ぶ食 ─。

 以て『 薫滋囉 』と致しました。