店名 「薫滋囉」 の由来

「命の"薫り"」を食し「"滋養"の恵み」を「"囉"(もら)う」

 


 おいしい御料理には、
 必ず、余韻ともいうべき「薫り」 があります。


 それは、素となる食材が、
 自然の中を力強く生きた証である「命のにおい」や、
 郷土に育まれた事を感じさせる「地のにおい」です。

 “命” や “地” が薫る料理を食すると、
 素材の精気が身体の奥底にまで沁み込み、
 魂魄までもが滋養される幸福感に包まれます。

 そして、どんな近代的
都市文明の中にあっても、
 人は古くから野や山、川や海に生かされてきた事、
 大きな循環の一部である事を思い起こさせてくれます。

 華美な見た目や、快楽ではない本物の美味しさ、
 心身全てが「おいしい、ありがたい、しあわせ」と悦ぶような、
 "命をいただいている実感" を追求すべく『 薫滋囉 』を命名しました。